感染症患者搬送

  • 1.コロナウイルス患者搬送

     救急車でのコロナウイルス陽性患者搬送を承ります。

     コロナ患者搬送は、搬送方法について綿密な打ち合わせが必要なため「契約制」とさせていただきます。
     病院・施設の下見、搬送経路確認、担当者との打ち合わせ、お見積り、契約などはすべて無料で実施いたします。

     コロナ第2派到来前のご契約をお勧めいたします。

  • 2. 感染防止対策

    ITサービス 写真

     主な感染防止対策は以下の3つになります。

    ・車両養生施工
    ・搬送スタッフPPE着脱衣トレーニング
    ・使用後消毒

     これらを繰り返し徹底いたします。


  • 3. 車内養生施工

    ITサービス 写真

     感染拡大防止のため、車両内部にビニールシートで養生を施工いたします。

    ・運転席と患者室を仕切り、乗務員を保護します。
    ・患者室の天井、壁全面をシートで養生します。
    ・ストレッチャー周囲をアイソレーションします。

     同乗の医師、看護師を感染リスクから最大限守ります。

  • 4. 搬送スタッフPPE着脱衣トレーニング

    ITサービス 写真

     搬送に従事する乗務員、看護師は全員、PPE着脱衣トレーニングを義務付けています。また、着衣・脱衣いずれも完全を期するため、2名1組で実施いたします。

     東日本大震災で原発20キロ圏内へ災害派遣に出向いた元陸上自衛隊レンジャー隊員の乗務員をはじめ、元自衛隊衛生課看護師、現役救急センター勤務の看護師などが指導にあたり、トレーニングを行っています。

  • 5. 使用後消毒

    ITサービス 写真

     民間救急は、毎使用後消毒を消防局より義務付けられていますが、感染患者搬送後は、さらに入念な消毒作業を行います。
     搬送終了後、指定医療機関で養生廃棄の後、エタノールで車内を入念に清拭消毒、回送の車内で自亜塩素酸水の噴霧消毒、帰庫後、さらに数日間の日光消毒を実施します。
     通常業務に戻る際には、さらに念を入れ、業務提携しているウイルス消毒専門業者による再消毒を実施します。

  • 6. 装備について

    ITサービス 写真

     デュポン社のタイベック防護服フード付続服をはじめ、ゴーグル、フェイスシールド、N95マスク、インナー・アウター手袋、ゴム長靴、シューズカバーを完備。
     ウイルスバリア100%ポリマー加工済のタイベック上級モデルも常備。厳しい状況にも柔軟に対応いたします。
     感染症搬送においては、ウイルス付着防止のため、使用しない器材は全て降ろして迎車します。ご依頼時に、患者様の容態に応じて必要な器材を正確にご報告ください。

  • 7.料金について

     通常の搬送料金に加え、感染患者対応料、PPE使用料、養生施工費、使用後消毒料などがかかります。
     病院の医師や看護師、施設職員などが同乗してくださる場合は、「患者対応料金」は必要ありませんので、搬送料金がお安くなります。
     契約内容によって料金が異なります。まずはお電話にてご相談ください。

    TEL:080-7239-1199(24時間対応)